バスケについてアドバイスします

シュートタッチやドリブル、ボールハンドリングなどなど

「バスケットボール」をはじめるのなら

公開日:

ドリブル

これから部活などで「バスケットボール」をはじめる方に少しアドバイスしたいと思います。例えば、中学1年生からのスタートとして、初心者なら基礎をしっかりと練習しましょうね。ボールハンドリングやドリブルなど、シュートは後からでもいいですから、まずは体にボールコントロールを覚えさすことが大事なのです(ドリブルバランスは重要ですよ)。シュート力やジャンプ力、身長なんかは後々くっついてくるから、基本的なことをしっかりやりましょうね。この先、ずっとバスケを続けていくのならボールが手につくくらいの技術はあったほうがいいのです。

バスケのシュートは「集中力」

シュートは毎回、しっかりとしたフォームで指先まで集中させて放ちましょう。バスケのシュート力は、毎日の積み重ねで入る確立が上がるのです。フリースローは練習なら百発百中が当然くらいの実力にならないとお話しになりません(本番の試合ではハンパないくらいの重圧があるので外すこともありますから)。シュートが上手い方のフォームや、シュートタッチなどを参考にして毎日集中して練習すれば、きっと名シューターになれるかもしれません。変なシュートフォームはカッコ悪いから、きれいなフォーム癖を体に覚えさせましょうね。手首は柔らかくね

バスケットボールのポジション

バスケットボールというスポーツは身長の高さでだいたいのポジションが決まるのです。NBAなんかで例えると、ポイントガード(ボールを回す司令塔でゲームを組み立てるコート内の監督ってトコですかね)、シューティングガード(ポイントガードのサポート役や攻撃の要など)、スモールフォワード(主に得点を取る役割でオールラウンダー活躍するポジションですね)、パワーフォワード(身長が高く、体格もしっかりとした人が適任のポジションで主にゴール付近での仕事になります。リバウンドで活躍する重要なポジションかな)、センター(一番ゴールに近いポジションで活躍する攻守の要で、身長が高くてジャンプ力に優れた人が任せられるポジション)っと、この5つで大きく分かれていますね。ほとんどが身長の低い順で並ぶと思います。