「バスケットボール」を知れば好きになる

基本を知れば観るのも楽しくなるハズです

バスケのシュートは集中して

公開日:

シュート

監督の私からシリーズです。バスケのシュートが上手くなりたいのなら、シュート練習を集中して行ないましょう。1本1本しっかりと指先まで集中して、意識して打つことを心がけましょうね。シュートホームもしっかりと意識しながら、毎日、何百、何千本とひたすら集中して打つことが上手くなるコツです。いずれは、その体で覚えたシュート感覚が役立つのです。どんだけのシュートを打ったか。どれだけ集中して打ってきたかで、その差が出てきますよ。ライバルに差をつけるには「集中して打つ」このことが重要なのです。(フリーで打つシュートが9割は入るようになるくらいにね)

基本的なことをしっかり

監督の私からこれから「バスケットボール」を始める子供たちへ。バスケットボールが上手くなりたいのなら、基礎が重要です。バスケ動きを覚えて、基本的なドリブルやパス、シュートなどは反復練習の賜物ですから、入部したら徹底的に地味な練習をしっかり行ないましょうね。基本的ことが身についていると後々、バスケの伸び具合(上手になることね)が変わっていきますから。身体能力的なことをいう人もいますが、持って生まれた素質はしかたありません(足が早いことや、ジャンプ力など)。持っていない人は努力して、その差を埋めるしかないのです。がんばれ。
[ バスケットボール上達術!一人でも複数でも練習方法を見直してみよう! ]

バスケは脚力が大事

この間は基本的なことについてお話しましたが、今回も似たようなことですね。バスケをはじめたなら、脚力を鍛えることと持久力を鍛えることを日ごろから怠らないようにしましょうね。バスケは体力勝負と言われるぐらいのハードなスポーツなんです。いくら技術があっても体力がないと宝の持ち腐れになってしまいますので、走るトレーニングを意識しハードに鍛えましょうね。ワタシの経験上、ジャンプ力がないと、何かかっこ悪いプレーになる気がします。シュート1本打つのでも打点の高いジャンプシュートは見ててもきれいな感じですからね。