バスケは基本的なことが重要

基本ができていれば楽に上手くなる

ジャンプ力を伸ばそうよ

公開日:

ドリブルやシュート力がついたら。今度は、運動能力を上げましょう。とくに「ジャンプ力」は、バスケットマンには必要な能力のひとつで、これからのあなたのバスケット人生を左右するものになるかもしれません。脚力を上げれば、自然と走る、飛ぶといった能力が身につくので瞬発力を鍛える練習方法を取り入れるといいでしょう。なんかの漫画にも書いてありましたが、「リバウンドを制する者が試合を制する」とあるようにそれだけジャンプ力は必要なことなのです。少しぐらい自分より身長が高いライバルなんかは、ジャンプ力で補えばいいのです。身体をバランス良く鍛えるとジャンプ力も伸びる。
[ 新世代、筋トレメソッド バスケットボール編 ]

バスケットボールは基礎からしっかりと

バスケットボールの上達方法は、はじめのうちにしっかりと基礎練習をすることです(練習を怠らないことですよ)。
初心者にはボールにまず馴染んでもらおうと、何時間もかけてさまざまなドリブルの練習をさせられると思うのです。誰でもシュート練習が楽しいものなんですが、それは二の次なんです。まずは自由自在にボールを操れるようになることが重要なんです。シュートはドリブルからの一連の流れで放つものですから、このドリブルが間々ならないようではシュートは決まらないものなんですからね。ですから、まずは基本的な練習をしっかりと身につけることからを意識してくださいね

バスケットマンは利き手と反対の手も鍛えよう

バスケットマンは両方の手を使えるようにしたほうがいいのです。簡単に言えば、リングを中心として右側からのシュートなら右手で放ち、逆に左側なら左手で、というイメージですね。これに関してはケースバイケースってところもありますが、とにかく両方の手を使えるということが基本で、役に立つのです。ですから、日ごろから聞き手以外の反対の手を鍛えるように努力しないといけないのですね。右利きなら、生活の全てを左手で行なうことで練習になり、後からバスケットボールに活かされてくるのです。何気に両手使えるとカッコイイものでもありますよ。